サイトメニュー

歯ぎしりに優れた漢方薬

聴診器

快眠を実現できる

朝起きた時に肩こりや首などが凝っている場合には、睡眠中の歯ぎしりを原因とする場合があります。歯ぎしりチェックを行う上では、幾つかの方法が存在しますが、無意識のうちに歯をくいしばっている、あごがつらいときやだるさを感じるといった症状があると、睡眠時に歯ぎしりをしている可能性が高いです。それだけでなく肩こりがひどい、頭痛をよくするという症状でも睡眠時に歯ぎしりをしている可能性もあります。さらには冷たい物を食べた時に歯がしみるといったケースやほお・舌に歯型がついている状態も該当します。抑肝散の優れた点は、こうした歯ぎしり対策にも有効である自然の生薬からできた漢方薬の点です。ストレスなどで体が緊張状態にあるのを、それを服用することで和らげ、高揚感などを取り除きます。夜眠る前に処方すれば、そのまま快眠に導くことが可能となります。漢方では肝の高ぶりがそのまま怒り・イライラの精神的な不安定な症状に繋がることが多く、それが睡眠時に歯ぎしりを引き起こしている原因となる、ととらえます。そのため肝の高ぶり自体を取り除き、歯ぎしりの原因を取り除く目的で処方されます。本来は子供が不眠や神経状態が不安定になることも多いため、夜泣きや疳の虫となるのを防ぐ目的で活用されていましたが、大人でも精神状態を安定させる目的で処方されることもあります。抑肝散の活用方法としては、15歳以上の成人の場合には1日3回、食前または食間に4錠ずつ水か白湯で服用するだけで済みます。夜は飲んで寝るだけで済み、体の緊張状態をゆるめてリラックスした状態になります。抑肝散を服用した方が良い方は、夜寝ているときに歯ぎしりが激しい方で、本人は自覚していないのにパートナーに指摘された方です。また寝起き時に疲れが取れない、首や肩などが凝っていて痛いなどの症状を抱えている人も該当します。他にも日中にふらついたり、めまいなどをしたり、頭痛などの症状を抱えている方も効果がある場合もあります。もっとも歯ぎしりを放置しておくと歯が必要以上にすり減ってしまったり、歯がしみるという知覚過敏の症状になったりする場合も多いです。それだけでなく歯周病が悪化したり、虫歯の治療を行った被せ物や詰め物が取りやすくなったり、顎関節症になり肩こりや頭痛まで発展しやすくなります。当然、こうした症状が起これば生活の質であるQOLが低下してしまうため、人の健康にも影響を及ぼします。歯ぎしりを改善することができれば、それだけで日常生活も充実した状態になりますので、病気にもなりにくくいつまでも長く健康でいられることにも繋がります。抑肝散の優れた点は、一日3回朝・昼・晩に錠剤4錠を水や白湯を服用するだけで済み、簡単に歯ぎしりを改善することができる点です。また天然の生薬で子供の疳の虫を抑えるためにも服用されていたほどなので、大人でも十分に服用することができる漢方薬です。薬を飲んだ場合の副作用として多いのは、眠たくなるなどの症状で仕事や自動車の運転にも影響があったりします。抑肝散の場合は眠気・ふらつきなどを気にしないで済みますので、日中に精力的に活動している方でも副作用を気にせずに服用できるのが優れております。

Copyright© 2018 体に優しい抑肝散で不調を緩和【更年期障害などに有効】 All Rights Reserved.